敏感肌のファンデーションの選び方

敏感肌はメイクはよくないと思って日焼け止めしか使わないこともあるようですが、炎症が起きていなければファンデーションを使用しても大丈夫です。ファンデーションを使用することで、紫外線やホコリなどの外部刺激から肌を守ることができ、刺激による炎症を抑えることができます。
敏感肌はコスメで肌が荒れることがあるので、ファンデーション選びには慎重になりますよね。どんなファンデーションが敏感肌に適しているのでしょうか。
パウダー、リキッド、クリーム、スティック、ミネラルファンデーション、BBファンデーションなど、さまざまなタイプのファンデーションがあります。メーカーによって呼び方が違いますが、水分や油分の量、テクスチャーに違いがあります。低刺激で肌に合うものなら、どんなタイプのファンデーションでもよいでしょう。
リキッドファンデーションとパウダーファンデーションを比べると、パウダータイプの方が軽くて落としやすいので、肌の負担が少なくおすすめです。
特におすすめなのはミネラルファンデーションです。ミネラルファンデーションはミネラルを含んでいて、添加物が含まれていません。添加物は肌への刺激があり、添加物使用のファンデーションをできるだけ避けることで肌の負担が軽減して、肌トラブルを予防できます。オイルは落としにくくメイクを落とすときのクレンジングが刺激となりますが、ミネラルファンデーションはオイルフリーのものが多く、落とすときの刺激を軽減できます。ミネラル成分100%のものなら肌トラブルが起こりにくいです。
ファンデーションがうまくできないときは、スキンケアの見直しをしてみてください。潤い不足だとファンデーションで粉っぽくなったり、肌がカサカサになります。化粧水でたっぷり水分と美容成分を与え、保湿クリームで与えた潤いを閉じ込めます。化粧品は低刺激なものを使用しましょう。保湿ケアを続けて入ればファンデーションののりがよい肌に近づきます。